家庭教師は個人で契約しているかまたは会社を通して契約しているかで、ご飯などのサービスがあるかどうかが変わってきます。

一般的に個人で契約している場合は契約書に「ご飯の用意をお願いします。」などと書いておけば、ご飯のサービスがあります。

しかしこの場合だと集まる生徒さんは少なくなります。ただ、中には気を使うご家庭もあって、個人で契約している場合だと、「ご飯の用意をお願いします。」と書かれていない場合でも、お菓子やお茶を出してくれる家庭もあります。

さらに指定された地点まで車の送迎をしたり、ボーナスをくれる家庭も家庭によってはあります。一方会社を通して契約している場合だと基本的にご飯などのサービスはありません。

結論を言うと個人で契約している場合だとサービスがある場合とない場合があるのですが、会社を通して契約している場合だとサービスがありません。

メガネをかけた家庭教師

このことからサービスの方法は一つ一つの家庭で違いがあり、中には全くサービスをしない家庭もあります。つまり運がいい人はサービスしてもらえるご家庭に巡り会えることが多いですが、逆に運の悪い人はサービスを全くしてもらえない家庭に巡りあうことが多いということです。

一見サービスしてもしてもらえなくてもどちらでも良いと思うかもしれませんが、サービスしてもらえるということは苦しい思いをしなくて済むので、助かります。

感謝の気持ちも出てきて指導もより一生懸命になります。また食事代や運転免許を持っていない人はタクシー代にお金をかけなくても良いので、お金の節約になります。

さらに個人契約の場合ですが家庭教師先の親と仲良くなれば、食事に連れてってもらったりしてそこでまたお金の節約が出来るわけです。

なので、家庭教師になりたくてさらにサービスしてもらって、お金の節約もしたいという人や知り合いの数を増やしたいという人は個人契約で家庭教師になるのが確実ではないですが、この方法しかないのでぜひなってみると良いです。